オオコノハミノウミウシ
Phyllodesmium longicirrum

沖縄 オオコノハミノウミウシ

撮影地:沖縄/北谷町/砂辺/No.1

見た目は『もののけ姫』のデイダラボッチの様です。
体地色は半透明の乳白色で、体表全体に茶褐色の斑紋が入る。
背側突起は長大で扁平。触角と口触手は平滑。

八方サンゴの仲間を食し、背中の大きな突起に褐虫藻を取り込み光合成を行います。
光合成んいよってい生成された養分で生活をすることもできる半自給自足のウミウシです。

50mm〜最大で150mmの個体の報告もある様です。
見た目のインパクトやサイズ間に似合わず、稀種で年に数固体しか見つからない。

オオコノハミノウミウシ 写真集📸

沖縄 オオコノハミノウミウシ撮影地:沖縄/砂辺/カリフォルニア

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事