タテスジイボウミウシ
Phyllidiopsis sphingis

タテスジイボウミウシ 恩納村

撮影地:沖縄/恩納村/万座/恩納ポイント南

体地色は黄白色であることが多いですが、青白くなる個体もいる。
背面中央部には黒色の縦線が4本程度走っていて、その縦線で挟まれた部分は隆起しています。
外套膜周縁には黒色の線が放射状に入り、その線と線の間には黒色班があります。
触角は黄白色。

イボウミウシ科ではあるが、コイボウミウシなどに比べ、イボの数は極端に少ないです。
色合いはミゾレウミウシによく似ていますが、二次鰓がないので判別は簡単です。

タテスジイボウミウシ 写真集📸

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事