セナキルリスズメダイ
(Chrysiptera starcki)

セナキルリスズメダイ 真栄田岬

撮影地:沖縄本島/恩納村/真栄田岬/ツバメの根

体色は鮮やかな青色で、吻から体側背部にかけて黄色帯がある。
ルリスズメダイやシリキルリスズメダイによく似ているが、黄色帯が吻から体側背部にかけてあることで見分けることが可能です。

沖縄では特に珍しくは無い普通種ですが、瑠璃色の体色と黄色の帯は水中で目をひきます。
そして、その鮮やかな体色で沖縄のサンゴ礁の海を彩ってくれている魚です。

オスとメスのカップリングが成立すると、オスが砂地に穴を掘り、巣穴を作ります。

セナキルリスズメダイ 写真集 📸

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事