沖縄 ダイビングライセンス

PADIオープンウォーターダイバーとPADIスクーバダイバーの違い

沖縄 ダイビングライセンス

Cカード(ダイビングライセンス)取得の情報を調べていると
『スクーバダイバー』と『オープンウォーター』という2つのエントリーレベル(初級)のライセンスが出てくることがあります。

ライセンス講習の料金や講習の日数を見るとスクーバダイバーを選択してしまいそうになりますが、この2つのダイビングライセンスには明確な違いがあります。
その違いを理解した上で、ご自身の目的にあったCカード(ダイビングライセンス)を選択してください^^

Re:Orca(リ オルカ)が所属しているダイビング団体PADIでの違いをご案内させていただきます。

PADIスクーバダイバーライセンス

『スクーバダイバー』取得後
・PADIインストラクターの監督下でファンダイビングをすることができます。
・最大水深12mまで潜行可能
<必要日数>
『1.5日』または『事前学習+1日』
<このダイビングライセンス取得に向いている方>
「ダイビングの講習を受けてみたいけど時間がない」「もっと簡単にダイビングを始められる方法はないの?」「 ダイビングを楽しむにしても、やっぱりインストラクターや頼りになるリーダーがいないと不安」・・・そんな方々には、PADIスクーバ・ダイバー・コースがおすすめです。
沖縄 ダイビングライセンス

 

PADIスクーバ・ダイバー・コース』について詳しくはコチラ⬇︎

PADIオープンウォーターダイバーライセンス

『オープンウォーターダイバー』取得後
・プロダイバーいなくても同等またはそれ以上のCカード所有者とファンダイビングをすることができます。
・最大水深18mまで潜行可能
<必要日数>
『2.5日』または『事前学習+2日』
<このダイビングライセンス取得に向いている方>
本格的にダイビングを初めてみたい方にはPADIオープン・ウォーター・ダイバーがおすすめです。
PADIスクーバ・ダイバー・コースより幅広く海楽しむことができるます。
沖縄 ダイビングライセンス

 

『PADIオープン・ウォーター・ダイバー・コース』について詳しくはコチラ⬇︎

スクーバダイバーではツアーに参加できない!?

沖縄 ダイビングライセンススクーバダイバーのライセンス取得コースのカリキュラムは、オープンウォーターダイバー講習の途中までとなっています。
そのため『スクーバダイバーライセンスでは最大深度が12mまで、インストラクター同伴でのダイビング』という条件付き認定となります。現状、沖縄をはじめ日本のダイビングショップのファンダイビングツアーのスタイルはダイビングライセンスを取得後もインストラクターでダイビングを楽しむツアーが一般的ですので、この点については特に問題がないかもしれません。
問題になるのは最大深度が12mという点です。ファンダイビングを希望されるお客様はほとんどがオープンウォーターダイバー以上のライセンスを取得しています。それを前提にガイドもダイビングのコースやポイントを選定しています。しかしスクーバダイバーの12m制限ではポイントを変えるなどして対応する必要があります。

 

多くのショップ様では『一般的なお客様と一緒に潜ることが出来ない』『ポイントを変えなければならない』『見所まで行くことができない』などがネックとなり、スクーバダイバー所有者のファンダイビングツアーへのを受け入れをハードルが高いものとして考えられてしまっているのが現状です。
Re:Orca(リ オルカ)では1グループ完全貸切でのツアーですのでスクーバダイバーのライセンスの方でも問題なく対応可能です。

 

沖縄 ダイビングライセンス今後スクーバダイバーというライセンスがもっと普及し、スクーバダイバーのゲストが多く来られるようになればショップ及びガイドもまた、それに合わせて新しいポイントの開拓や水中でのコース取りを変えて対応していくと思いますが、現状スクーバダイバーというダイビングライセンスの認定者が非常に少ない為、スクーバダイバーのお客様を受け入れる体制が整っていないお店が多いです。

またお店側からこういった事情を説明されず、制限のことを知らずにスクーバダイバーを取得してしまう方が多いです。
取得して初めて自分は十分にサービスを受けることができるライセンスでは無いと分かる方もいらっしゃいます。

オープンウォーターとスクーバダイバーの違い まとめ

ここまででスクーバダイバーのライセンスに対して非常にネガティブな印象が強くなってしまったかと思いますが、スクーバダイバーのライセンスは取得の仕方によっては便利なダイビングライセンだったりもします。

例えば、沖縄の綺麗な海を見てどうしてもダイビングをしたくなったけど滞在日数が足りずオープンウォーターコースは受けられない。このような時にとりあえずスクーバダイバー認定を受け、後日再び沖縄に来た際に限定解除の追加講習(1日間)を受け、オープンウォーターダイバーにステップアップする。また、オープンウォーターコースに参加してみたけど、どうしてもスキルが出来ずオープンウォータの認定条件を達成できなかった時など、とりあえずスクーバダイバーで認定し、後日スキルを再度練習し、オープンウォーターのライセンスを取得することが出来ます。

ただし、あくまでもオープンウォーターのサブセットということで認識していただき、『ダイビングを趣味にしよう!』『思いきりダイビングを楽しみたい!』という方はオープンウォーターコースを受講することをお勧めします。

 

恩納村 ダイビングライセンス Re:Orca

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事