ヌノサラシ
(Grammistes sexlineatus)

イシキリ ヌノサラシ

撮影地:沖縄北部/本部町/イシキリ

写真はヌノサラシの幼魚です。

写真のように子供の頃は淡黄色のたてじま模様が特徴的ですが、
成長するにつれて点線状の模様に変化していきます。

危険を感じると体表からグラミスチンという粘液毒を出します。
英名ではGoldenstriped Soapfishと呼ばれています。
体表の粘液毒は容器の中でかき混ぜると泡立ちまるで石鹸のようであることからソープフィッシュと呼ばれているそうです。
ヌノサラシの他にキハッソク、アゴハタなどもソープフィッシュと通称されています。

ヌノサラシ 写真集 📸

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事