ミナミハコフグ
(Ostracion cubicus)

恩納村 ミナミハコフグ幼魚

撮影地:沖縄本島/恩納村/真栄田岬/ツバメの根

写真はミナミハコフグの幼魚です。

成魚では頭部や尾鰭に小さな黒点があり、幼魚では体側の黒色斑が眼径大であることで区別可能です。
サンゴ礁域に生息。20m以浅でみられ、単独で行動しています。

幼魚の黒点は成長過程で消えていき、黒色の縁取りの白っぽい斑点が現れます。

ミナミハコフグの幼魚は見た目の可愛さからダイバーにとても人気があります。

ミナミハコフグ 写真集 📸

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事