沖縄北部のダイビングポイント 石切のポイント紹介

沖縄本島の北部にあるダイビングスポット『石切』

本部町にある採石場前にあるので石切と呼ばれています。
北風に強く、基本的には冬場に利用することが多いポイントです。

ダイビングようの場所ではないので、エントリーやエキジットに少してこずるかもしれません。
水中は砂地とガレ場がメインで、根が点在しています。

生き物は多様性に富んでいて、ウミウシやハゼなどのマクロ系の生き物から、ウミガメの出現率も高めです!
冬場12月あたりにはトラフザメの幼魚なども観測されており、個人的には北部のビーチポイントでは一番面白いダイビングスポットです。

随時更新していきます。

石切

石切

沖縄 ナカモトイロワケハゼ

石切にはエントリー口が複数存在しています。
エントリー場所によって、ハナヒゲウツボがいたりナカモトイロワケハゼがいたりと飽きを感じさせないダイビングスポットです。

ヤシャハゼやヒレナガネジリンボウ、ナカモトイロワケハゼといったハゼ好きならずとも、ダイバーに人気のハゼが水深10m〜18m程で観測でき、尚且つビーチエントリーのダイビングスポットの為、ボートの出向時間も気にせずゆっくりとハゼの撮影を満喫できます^^

上でも書きましたが、エントリーやエキジットが少々大変なポイントですので、中級者以上の方にオススメです。

エントリー方法:ビーチ

ご予約・お問い合わせはこちら

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事