サビウライロウミウシ
Hypselodoris purpureomaculosa

恩納村 サビウライロウミウシ

撮影地:沖縄本島/恩納村/真栄田岬/ツバメの根

体地色は白色で外周はオレンジ色で縁取られています。
触角と二次鰓もオレンジ色。
背面には赤褐色から赤紫色の大きな斑紋が正中線を避けるようにして配列されています。

ピンク色のカイメンを食料としています。
模式産地は和歌山県串本の錆浦海岸で、これが和名の由来にもなっているようです。

サビウライロウミウシ 写真集📸

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事