PADIオープンウォーターダイバー ライセンス講習
レギュレーターリカバリー

オープンウォーターダイバーライセンスの講習のダイビングスキル『レギュレーターリカバリー』
要点をまとめて動画でご紹介します^^

動画撮影地:沖縄 恩納村 真栄田岬

レギュレーターリカバリー

  1. しっかりと呼吸を整えます。
  2. セカンドステージ(呼吸器)を口から外し、手から放します。
  3. セカンドステージ(呼吸器)を探し出し、再度セカンドステージを咥えます。
  4. ブラスト法orパージ法を使って、レギュレータークリアを行います。
ポイント解説
  1. セカンドステージ(呼吸器)を口から取り外すのでしっかりと呼吸を整えてください。
  2. 呼吸器を口から外しても、呼吸を止めてはいけません!少しずつ息を吐く様にしてください。
    そして、セカンドステージを手から放し、セカンドステージを完全にフリーの状態にします。
  3. セカンドステージは体の右側から出ていますので、まず右肩を下におろします。
    自分の右腕で『右の太もも』『お尻』⇨『シリンダー(タンク)の下部』の順で触りながら、右腕を前に持ってきます。
    左手で右腕を手繰り、右腕にかかっているセカンドステージのホースを見つけ口に咥え直します。
  4. ブラスト法orバージ方を用いてレギュレーターの中の海水を排水してください。
インストラクターから一言
ダイビング中に命綱とも言える呼吸器を外すのは怖いかもしれませんが、慌てずゆっくりやってみましょう^^
ここまでにレギュレータークリアのスキルをこなしているので、『呼吸器を外す』ことには多少の慣れが出ているはずです♪
動画内のデモンストレーションでは口から呼吸器を外している時間はたったの35秒ほどでレギュレータークリアの時に比べると大分長いように感じるかもしれません。
ですが、デモンストレーションは一つ一つの動作を大きくゆっくりこなしていますので、実際に呼吸器を外す時間は15秒ほどのはずです。
レギュレーターリカバリーのスキルに関しても、すぐに顔を上げられるような浅い場所から練習を開始しますのでご安心ください!

恩納村 ダイビングライセンス Re:Orca

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事