ハナヒゲウツボ
(Rhinomuraena quaesita)

沖縄 ハナビゲウツボ

撮影地:沖縄/本部町/石切

サンゴ礁の外縁斜面や少し開けた岩礁地帯に生息していることが多いです。

雄性先熟型で成長後に性転換をする魚として知られています。
成長段階によって体色が変化していき、幼魚は黒、成魚は青と変化していく。
また、さらに成熟し性転換を行うと黄色に変化する。
よって、ごく稀に目撃される黄色い個体は全てメスであると言われています。

稀に巣穴を出て泳いでいる姿が目撃されていますが、英名ではRibbon eelと呼ばれているように、その姿は水中を漂う青いリボンの様です。

ハナヒゲウツボ 写真集 📸

 

沖縄 ハナビゲウツボ撮影地:沖縄/本部町/水納島/ケーブル
沖縄 ハナビゲウツボ撮影地:沖縄/慶良間諸島/ウチザン

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事