ミナミホタテウミヘビ
(Pisodonophis cancrivorus)

恩納村 ミナミホタテウミヘビ

撮影地:沖縄/恩納村/真栄田方面/山田ポイント

砂地からひょっこり顔を出している可愛いお魚です。
『ウミヘビ』と名前につき、尚且つウミヘビ科の魚として分類されているが、ウナギ目に分類される魚類の仲間です。
ウミヘビには体表に鱗があるものと、そうでないものがいるがミナミホタテウミヘビは後者にあたります。

よく似た魚にホタテウミへビがいますが、水中で見た目などで判断することはほぼ不可能です。

ウナギ目に分類されている為、食用となりそうですが、小骨がウナギやハモ以上に多くあまりオススメはされない様です。

ミナミホタテウミヘビ 写真集 📸

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事