PADIダイブマスターコース

PADI ダイブマスターライセンス講習 事前学習+最短6日間コース

PADI ダイブマスター

参加前条件
・年齢18歳以上
・PADI レスキューダイバー所有者(他団体の同等レベルのライセンスでも可)
・過去24ヶ月以内のEFR(CPR・ファーストエイドの講習)講習の修了者。
または同等の講習の修了者(日本赤十字:救急員養成講習・消防:上級救命講習など
・事前に病歴チェック表を確認していただき、該当の項目がない方。
ダイビングに適した健康体で有るかを証明する、12ヶ月以内の医師の署名入りの病歴診断書。
ダイビングログブックに最小で40本のログが記載されている事。(認定条件は60本)
コース修了後
・PADIダイブセンターやリゾート、ダイブ・ボートのスタッフとして働くことができる。
・PADIインストラクターと一緒にお客様のアシストができる。
・PADIスキンダイバー コースを単独で実施し、認定ができる。
・PADIディスカバー・スノーケリング・プログラムを実施できる。
・オープン・ウォーター・ダイバー以上のCカード所有者のファンダイビングのガイドを実施できる。
などが可能になります。

PADI ダイブマスター講習の流れ

1・ご自宅で事前学習

PADIダイブマスターコース

ご予約を頂きテキスト代の入金の確認ができましたら、お客様のご自宅へテキストを発送せていただきます。

ご自身のペースで進めていただき、不明な点など質問がございましたらRe:Orcaの公式LINEからご連絡いただければリアルタイムでご質問に回答させていただきます。

テキストの内容ですが、大体2週間〜1ヶ月ほどで一通り学習できるかと思います。

少しでも不安を解消し、当日のスキル練習に集中できる様お手伝いさせていただきます。

2・学科講習

PADI オープンウォーター講習

事前学習をしていただいた内容の答え合わせと、テストを実施します。

合格ラインはありますが、これは落とす為のテストではなく理解度の確認をする為のテストです。あまり気構えずに受けてください(笑)。テストで合格点が取れなくても、間違えた問題を担当インストラクターと一緒に見直し、そのまま再テストも受けられますのでご安心ください。

学科講習と限定水域講習は当日のスケジュールによって前後する場合があります。

3・海洋実習

ダイブマスター講習 沖縄

沖縄 ダイブマスター講習

1日2ダイビングを行い下記の講習を進めていきます。

水中スキル開発
・400m水泳
・800mスノーケル
・15分立ち泳ぎ
・100mダイバー曳航
・器材交換
・ダイバーレスキュー
・20のPADIダイビングスキルと4のスキンダイビングスキルのデモンストレーション
・ワークショップ
実践応用
・水中ガイド
・DSD
・水中アシスタント
・水中マップ作成
アフターサービス
・Diving Shop Re:Orcaでダイビングライセンス取得のお客様は、その後のファンダイビング時に器材レンタル料(¥3,000)が無料!
・メーカー正規取扱店ならではの特価価格での器材販売!
・LINEを使用し、器材購入時のリアルタイムアドバイス。など
PADI ダイブマスター ライセンス講習料金
1名様 ¥150,000(税込) 2名様以上 ¥120,000(税込)
料金に含まれるもの:器材レンタル / 送迎 / 保険 / ドリンク(お茶) / 講習中の写真プレゼント🎁
※別途PADIテキスト代 ¥51,000 申請費 ¥25,718 保険代 加入時期により異なる

ご予約・お問い合わせはこちら

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事