ツマジロオコゼ
(Ablabys taenianotus)

慶良間 ダイビング

撮影地:沖縄/慶良間諸島/座間見島/ドラゴンレディ

大きなひれを広げて、枯れ葉のように左右にゆらゆらと動いている姿が愛らしいです。
吻端から背びれの前端にかけて入る白い筋が和名の由来ですが、写真の様に白くない個体もいます。

単独で生活し、サンゴ礁や岩礁でよく見ることができます。

ハオコゼの仲間で鰭棘に毒があります。

ハダカハオコゼ 写真集 📸

沖縄 ハダカハオコゼ撮影地:沖縄 北部/本部町/ゴリラチョップ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事