失敗しない!スノーケルの選び方

今回はスノーケル(シュノーケル)の選び方です。
軽視されがちなスノーケル(シュノーケル)ですが、実は色々な形や種類が存在します。
『ダイビングをする際はレギュレーターがあるからスノーケルは必要ないでしょ?』と思いがちですが、ビーチエントリーで水面移動が必要な場合や、救助者の曳航をする時にスノーケルがあるのとないのとでは大違いです。

PADIのオープンウォーターライセンスの講習ではスノーケルに関するスキルの練習もあります。
スノーケルに関しても『合うもの』『合わないもの』がありますので、しっかり自分に合ったものを選ぶ様にしましょう!

今回はスノーケル(シュノーケル)の選び方をご案内です。

スノーケルの名称を覚えよう

スノーケル 選び方

スプラッシュガード

ドライアッパーとも呼ばれています。
波を被っても海水がパイプの中に入りにくくなっています。

パイプ

呼吸をするための筒。

パイプホルダー

スノーケルアダプターをパイプと固定しスノーケルの位置を固定するパーツ。

スノーケルアダプター

マスクのストラップとスノーケルを繋げるパーツです。

ジャバラ

スノーケルがどの様なポジションにあってもマウスピースを咥えやすい設計になっています。

マウスピース

口に加えるパーツです。

排水弁

スノーケル内に入ってきた海水を外に排水するためのパーツです。
逆止弁がついているので海水が逆流してこないようになっています。

スノーケルの形状ごとの特徴

スノーケルにはいくつかの形状があります。
今回はよく使われる『ジャバラタイプ』『ストレートタイプ』『ラップアラウンドタイプ』の特徴をご案内します。

1蛇腹タイプ


スノーケル 選び方画像出典:GULL

最近の主流のタイプです。

マウスピース部分とパイプ部分がジャバラホースでつながっているため、口の位置に合わせてシュノーケルの位置を調整しやすい。

ダイビングの呼吸器(レギュレーター)を加える際にも、スノーケルが邪魔になりにくい。

2ストレートタイプ(J型)

スノーケル 選び方画像出典:GULL

最もシンプルなスノーケルの形状です。
アルファベットの『J』に形が似ているので、J型とも呼ばれます。

排水弁がついていないものが多いため、スノーケルクリアの際に肺活量が必要になります。

肺活量が強い方や上級者向きのスノーケルです。

2ラップアラウンド

スノーケル 選び方画像出典:GULL

顔の形に添ってパイプの部分が曲がっていて、水の抵抗を受けにくい形になっています。

 

スノーケルが自分合っているかの確認方法

スノーケルは一見サイズの違いはなさそうですが、パイプ部分の内径(筒の太さ)やマウスピースの大きさなどがあります。

パイプの内径

パイプの内径が太いものは、空気の通り道が広いので沢山の空気が入ってきやすく、呼吸は楽になります。

ただし、スノーケルクリアの際には肺活量が強くないとクリアしきれない可能性があります。

パイプの内径が大きなものは男性向きといえます。

マウスピースの大きさ

スノーケルの種類によってはマウスピースにもサイズがあるものもあります。

マウスピースのサイズは『大きめ』と『小さめ』があり、口の小さい方が大きめのマウスピースを使うと、マウスピースが歯茎に当たったり、逆に口の大きな方が小さめのマウスピースを使うと、唇とマウスピースの間いに隙間ができ、口内に海水が入りやすくなります。

スノーケル 選び方画像出典:GULL

GULL社のマウスピースですと、幅が約1cm違い、高さは3mm違います。

大まかなサイズの目安として、女性は『小さめ』男性は『大きめ』を選んでみてください。
マウスピースにサイズがあるスノーケルは、マウスピース部分の交換ができますので、サイズが合わない場合はマウスピースの交換が可能です。

排水室の素材

スノーケル 選び方

スノーケルのおすすめ記事の中であまり注目されていないですが、『呼吸のし易さ』では排水室の素材も個人的には大事だと思っています。

排水室とはのあたりの事です。
素材の種類としてはシリコンのものとプラスチックの素材があります。

スノーケル 選び方

左側がプラスチックタイプで右側がシリコンタイプです。

個人的な使用感ですが、シリコンタイプはシリコン自体が柔らかい素材のため、水圧で潰され若干の呼吸のしずらさを感じます。
その点、プラスチックは素材が硬いので、水圧で潰れることもなく呼吸が楽に行えますので、個人的にはプラスチック製の排水室のものをオススメします。

    自分に合ったスノーケルの選び方 まとめ

    スノーケルを選ぶ際のポイントは『パイプの内径』『マウスピースのサイズ』をみて選ぶ様にしましょう。
    さらに排水室の素材をチェックすると、ぴったりのスノーケルが見つかると思います^^

    Ryoのオススメの一本はこれ

    スノーケル 選び方
    画像出典:TUSA

    TUSA社のplatinaⅡです。
    ジャバラタイプなのでダイビング中もあまり邪魔にならず、排水室はプラスチックでできています。
    排水室のサイズも小さめでコンパクトなので、持ち運びにも便利ですよ♪

    合わせて読みたい!自分に合った器材の選び方!!

    この記事が気に入ったら
    フォローしよう

    最新情報をお届けします

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事